自己破産後するとクレジットカードが作れなくなる?対処法は?

自己破産 クレジットカード

自己破産をしてしまうと、基本的にはクレジットカードを作ることができなくなります。

 

その理由としては、信用情報機関というところに、自己破産をした事実が記載されてしまうからです。
そうなると5年〜10年の間(信用情報機関ごとに機関が違います)はその記録が残ってしまいます。

 

…で、クレジットカードを作ったり、キャッシングをしたり、ローンを組んだりする際には、こういった信用情報機関に記録されたデータを調べられるので、自己破産しているとクレジットカードの審査が降りないんですね。

 

じゃあ、信用情報機関から自己破産の記録が消えたら、クレジットカードを作ることができるんでしょうか?

 

これは、できます!
5年〜10年が経過して、自己破産の記録が消えれば、またクレジットカードを作ることができるようになります。

 

ただし、信用情報機関の記録は消去されたとしても、自己破産によって借金を帳消しにされてしまった当事者の会社には記録が残っている場合が多いですので、そこの関連企業などでクレジットカードを作るというのは難しいです。

 

まあこれは、他の金融機関でクレジットカードを作れば良いので、特に問題は無いと思いますが。

 

では、自己破産をした後にクレジットカードが作れなくなった場合、どういった対処法を取ることができるのかについて、解説したいと思います。

 

自己破産した後でもデビッドカードなら作れる

自己破産した直後にはクレジットカードを作ることはできませんが、デビッドカードであれば作ることができます。

 

デビッドカードは預金残高からリアルタイムに引き落とされる仕組みなので、残高範囲内でしか使えないですが、それでも自己破産した人であっても作れるというのは大きいですよね。
自己破産をした後であっても、公共料金の支払いや、ネットショッピングなど、何かとカードで決済する機会もあると思いますが、デビッドカードで代用するのも手だと思います。

 

まれに自己破産した後でも審査が通るクレジットカードもある

基本的には自己破産後にクレジットカードは作れませんが、まれに自己破産して5年〜10年という期間が経過していなくても、クレジットカードが作れるケースもあります。

 

それは、外資系のクレジットカードです。
日本企業のクレジットカードは、基本的には信用情報機関のデータを重要視していますが、外資系のクレジットカードの場合は、過去の破産歴よりも現在の収入や状況などを重要視していますので、もしそれで支払い能力があると判断されれば、審査が通ったりすることもあります。

 

この外資系のクレジットカードというのは、例えばシティーカードやアメックスなどが有名ですね。

そもそも本当に自己破産する必要がありますか?

自己破産 クレジットカード

自己破産後のクレジットカードのことについて説明してきましたが、最後に、一番重要な「そもそも論」をお伝えします。

 

今、自己破産も選択肢に入れて考えている人は、まず「そもそも自分は本当に自己破産しないといけない状況なのか?」ということを疑問に考える必要があると思います。

 

…というのも、実は、自己破産を考えている人の半数以上は「実際は自己破産しなくても大丈夫」という場合が非常に多いんですね。

 

借金問題で悩み始めると、切羽詰まって自己破産しかないような気持ちになりますが、実は借金問題の解決方法は自己破産以外にも様々な方法があります。

 

どちらかというと、自己破産は社会的なダメージが最も大きいので、本当に最後の奥の手という感じです。

 

なので、「自分は本当に自己破産をしないといけないのか?」ということを、まずは判断してもらうことが必要になってきます。

 

これは、本当は法律事務所などに駆け込むのが良いのですが、実際にはそこに抵抗を感じて、一人で抱え込んでいる人も多いのが現状です。

 

そこで、そういう方に利用して欲しいのが、借金解決診断シミュレーターです。

 

無償で提供されていて、匿名OKのシミュレーターになるのですが、「自分にベストな解決方法」や、「どれくらい借金を減額することができるのか」「どういった法律事務所に相談するのがベストなのか」など、無料で簡単にシミュレーションできます。

 

匿名OKなので、診断結果を受け取るメールアドレスさえあれば、あとは氏名・電話番号・住所などは全く必要ありませんし、当然、いきなり電話がかかってくることなどもありません。

 

まずはそのシミュレーターを利用して、自分に合ったベストな解決方法などをチェックしてみましょう。

 

その上で、もし解決が見込めそうであれば、実際に法律事務所に依頼する、という流れがベストかと思います。

 

くれぐれも一人で悩んで、取り返しのつかない状況に至らないようにしてくださいね。

 

 

>>無料・匿名OKの借金解決シミュレーターはコチラ